利用規約

第1条 規約の目的
本規約は、株式会社ヒルズとんとん丘もちぶた館が運営者となって運営するウェブサイト「もちぶた館ネットショップ」が、同サイトの利用者にとって、より有意義でかつ快適に利用できる場となるよう、運営者として適正な運営に努めるうえで、利用者に合意ないし承知していただくべき事項を定めることを目的とします。

第2条 もちぶた館ネットショップ
1. もちぶた館ネットショップにおいて、運営者が事業として提供するサービス内容は、大別して以下のとおりです。
(1)ショッピングの場の提供
もち豚やその加工品などを中心として、利用者が多くの充実したショッピング情報に接することができるよう、インターネットならではの広域的情報の収集や購入の便宜等のために利用できる場を提供し、食文化の発展に寄与することを目的とします。
(2)情報の提供
各種情報(コンテンツ)を紹介・提供し、利用者が自らの判断で、様々な生活シーンにおいて参考にしていただくことを目的とします。

2. 利用者は、自己責任の原則に従い、自らの負担と判断において、もちぶた館ネットショップを利用することとします。運営者は、前項により事業として提供するサービス内容に関して、掲載される情報の真実性や信憑性あるいはショップの提供する商品等の品質や数量に関する保証や与信を行うものではありませんし、利用者相互の紛争への対応、利用者が運営者の責めに帰すべからざる事由により損害を被った場合の補償や賠償等の責任を負いません。

第3条 規約の適用範囲等
本規約は、利用者の全てに対して適用されます。また、たとえ現在利用をしなくなっている場合でも過去に利用者であった者に対しては適用される場合があります。

第4条 利用者の種別と地位、登録・退会手続等
1. 会員
(1)利用者は、もちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により申請し、運営者の承認を経た後に、「会員」として登録することができ、「会員」はもちぶた館オンラインショップの利用上、「非会員」とは異なる利用資格を取得することができます。但し、以下の事項に該当する方は、会員登録の申請ができません。
[1]過去に会員資格の取消し処分その他第6条に基づく処分を受けた者、あるいは処分相当事案に該当した方
[2]その他、運営者の方針または本規約の目的に照らして、会員登録を承認しがたい事情が存在する方
(2)会員の登録手続は、もちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により申請し、運営者の承認を経ることを要します。
(3)会員に付与されるサービス内容その他特典や資格の付与等については、運営者により、特に予告することなく、もちぶた館オンラインショップ上、あるいは個別のメールにより、順次、変更あるいは追加することがあります。

2. 非会員
(1)利用者のうち、「会員」として登録されていない者を「非会員」といいます。
(2)非会員は、運営者の事業内容である第2条1項(1)(2)(3) に記載された各種情報の全部または一部を利用・閲覧することができます。
(3)非会員はゲスト購入することができますが、利用条件に一部制限を受けることがあります。
(4)非会員が閲覧可能な各種情報は、「会員」と比較して限定される場合があり、閲覧可能な情報の範囲については、運営者の専決事項とします。

3. 登録・退会手続
「会員」としての登録、自主退会による登録抹消等の諸手続は、すべてもちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により申請していただきます。退会の申請により、もちぶた館オンラインショップ上では、会員IDは使用不可となります。ただし、商品の品質追跡管理、およびネットトラブル(裁判所、警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合)等などにも対応できるよう、ご登録いただいた会員情報データおよび、ログについては一定期間保存させていただいております。所定の方式をとらない場合、運営者に対し、登録・退会の効力を対抗できないこととします。なお、会員が死亡した場合や継続的な意識不明などの障害により、あるいは住居所が1年を超えて不明となるなど、もちぶた館オンラインショップを利用し得ない客観的事由が生じたことが運営者の知るところとなった場合、運営者の判断により退会したものとして扱うことができるものとします。

4. 登録期間
「会員」として登録されたことによる資格は、1年間有効です。但し、運営者及び「会員」のいずれからも、特にもちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により更新しないことの申出がなき限り、自動的に、順次1年間の期間をもって更新します。運営者が更新しない旨の申出をするには、何ら理由を付す必要はないこととします。

第5条 利用者の注意すべき基本的な義務内容
1. およそ「会員」「非会員」を含めた利用者は、運営者に対し以下の事項を遵守する一般的な義務があります。
(1)本規約その他もちぶた館オンラインショップ上、運営者が定める事項や処分内容について、趣旨を尊重し、遵守すべきこと。
(2)法令あるいは正常な商慣習に違反し、あるいはその趣旨を損なうおそれのある行為はしないこと。
(3)インターネットの利用に関する基本的ルールやマナーに配慮し、ルールやマナーを損なうおそれのある行為をしないこと。なお、基本的ルールやマナーについては、一般にネット上で公表されている合理的なルールやマナー(いわゆるネチケットなどとして公表されているもの)を基準にします。
(4)その他もちぶた館オンラインショップの運営や他の利用者による利用を妨げ、あるいは妨げるおそれのある行為をしないこと。

2. 「会員」は、運営者に対し、前項のほか、特に以下の事項を遵守する義務があります。
(1)登録や退会による登録抹消など、「会員」としての登録事項に関する諸手続は、いずれももちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により申請すること。
(2)前号の登録事項に関する諸手続に関して、虚偽の申告をしないこと。また事後に真実と異なる登録事項が存在または発生したことが判明した場合は、直ちに運営者に報告すること。
(3)登録事項について、変更等が生じたときは、速やかに変更内容を運営者に通知すること。
(4)自己の会員番号(ID番号)やパスワードについては、自らが適正に自主管理すること。また、他人に自己の会員番号やパスワードを絶対に使用させないこと。なお、「会員」による会員番号やパスワードの自主管理に関して、運営者は一切責任を負いません。
(5)他人の会員番号やパスワードについては、当該他人の許否を問わず、入手あるいは管理をしないこと。
(6)会員たる資格を、有償・無償を問わず、あるいは一時的な場合も含めて、他人に譲渡しあるいは貸与等しないこと。
(7)その他、もちぶた館オンラインショップ上、別途定められたルールや注意事項等を遵守すべきこと。

第6条 利用者に対する警告、資格停止、資格取消等の処分
1. 「会員」に対する処分
運営者は、「会員」に義務の違反あるいは不適切な行為が存在すると判断した場合、行為の態様や程度により、以下の処分の全部あるいは一部を、特に事前に予告することなく、また適宜に併行して、行うことがあります。
(1)運営者としての意見文や警告文の送信・発送
(2)「会員」の義務違反あるいは不適切な行為に対する回復ないし正常化に必要な措置(虚偽登録事項の削除・変更、不適切な書き込み内容、表現方法あるいは書き込み回数等が発覚した場合の一方的削除等)
(3)会員資格に対し、1か月以上1年以内の資格停止(会員資格が一定期間停止しますので、書き込み等が行えなくなります)
(4)会員資格の取消し(会員資格を喪失します)

2. 「非会員」に対する処分
運営者は、「非会員」に利用者としての義務の違反あるいは不適切な行為が存在すると判断した場合、行為の態様や程度により、以下の処分の全部あるいは一部を、特に事前に予告することなく、また適宜に併行して、行うことがあります。
(1)運営者としての意見文や警告文の送信・発送
(2)前号に基づく処分を実施したことに関し、ショップの全部または一部に対する報告
(3)将来の会員登録手続を予め拒否するに必要な措置

3. 不服申立ての手続
(1)利用者は、本条第1項あるいは第2項に基づく処分に関して、不服がある場合、処分通知があった日から2週間以内に、もちぶた館オンラインショップ上に定められた所定の方式により、弁明すべき事情や不服であることの理由を明示して、不服申立てをすることができます。運営者は、必要に応じて利用者に対し、資料提出等を求めるなどの調査をおこない、審査のうえ、不服申立てに理由があると判断した場合、既になされた処分を相当期間内に取消し、あるいは変更することがあります。
(2)運営者による不服申立てに対する審査は、前項による所定の方式により、弁明すべき事情や不服であることの理由が記された書面(メール)審査により実施し、口頭による審理は受け付けません。運営者は、書面及び提出された関係資料の範囲内で審査します。
(3)不服申立てをした利用者には、運営者による必要な調査に対して、誠実に応ずる義務があり、調査に対して資料提出などについての拒否等があったため審査に支障をきたした場合の不利益は、利用者側が負担することになります。

第7条 個人情報等の管理、利用
1. 運営者は、事業運営上取得した利用者の個人情報(退会者等を含む)について適正に管理すべきこととし、また正当な理由なくみだりに第三者に対して開示、提供しません。
以下の場合にもちぶた館では情報を開示することがあります。
(1)ユーザーの皆さまと当サイトとのコミュニケーションのための作業(郵送、電子メールの配信を含みます)を代行させるために、もちぶた館オンラインショップ運営事務局が、当該作業の代行を事業として営む第三者の企業に情報の取扱を委託する場合。
(2)ユーザーの皆様が希望する商品などを提供するため、情報の開示が必要と認められる場合。
(3)情報の開示についてユーザーの皆様の同意がある場合。
(4)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ユーザーの皆様の同意を得ることが困難である場合。
(5)裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合、その他もちぶた館およびユーザーの皆様の権利・財産を保護するため、必要と認められる場合。また、第三者の企業に作業を委託する場合には、もちぶた館運営事務局と当該企業との間で「個人情報の機密保持」に関する書面の契約を事前に取り交わした上で業務を委託するものとします。
(6)その他法令により、第三者提供の禁止の例外として扱われる場合があります。

2. 利用者は、運営者に対し、個人情報のほか利用者の行った書き込み等により送信された内容に関して、以下の利用行為を承諾するものとします。
当サイトでは、こうした情報を大きく分けて以下の目的で利用します。
(1)ユーザーの皆さまに特別なサービスや新しい製品などの情報を的確にお知らせするため
(2)必要に応じてユーザーの皆様に連絡をするため
(3)当サイトのサービスの内容を、より充実したものにするため
(4)ユーザーの皆さまの利用状況などに関する係数的な調査を実施し、当サイトやショップ、広告主向けにさまざまな報告を行うため
(5)ユーザーの皆様の同意のうえ、ショップ他に情報を提供するため

第8条 規約の改正、変更手続
本規約は、運営者において特に予告することなく、適宜、改正や変更をすることができます。但し、改正や変更がなされた事項については、もちぶた館上に合理的な一定期間、利用者に対し明示して告知します。改正あるいは変更された事項については、その内容が法令に違反し、あるいは明らかに社会的合理性を欠くものでない限り、個々の利用者の同意を要せず、当然に利用者に対して効力が及ぶものとします。

第9条 休止、廃止等に関する運営者の専決事項
1. 以下の事項については、運営者の専決事項とします。
(1)もちぶた館オンラインショップを休止、あるいは廃止すること。
(2)第2条1項に定めるサービス内容に関し、新たなサービスを設定し、あるいは内容を変更、廃止すること。

2. 前項の措置により利用者が不利益を被る場合があっても、運営者の決定内容や措置等が明らかに合理性を有しない場合や法令に違反する場合を除いては、利用者に対し、何ら責任を負わないこととします。

第10条 本規約の有効期間
本規約の有効期間は、もちぶた館オンラインショップが期間中に廃止された場合を除き、3年間とします。但し、運営者の判断により特別な手続を要しないで、順次更新することができます。

第11条 準拠法及び合意管轄
もちぶた館オンラインショップの利用に関して、運営者と利用者間に民事紛争が生じた場合、日本国内において適用される法令の適用により解決します。また、訴訟に関しては、仙台地方裁判所をもって合意管轄裁判所とすることについて運営者と利用者は予め合意します。

第12条 レビューの規約
1. レビュー等の取り扱いについて
利用者がもちぶた館オンラインショップをご利用するにあたって、もちぶた館オンラインショップ対して送信した、レビュー、コメント、提案、質問、その他の一切のコンテンツ(以下コンテンツ類といいます)の取扱いにつき、次項以下のとおりとします。

2. コンテンツ類の著作権は、利用者に帰属するため、利用者は、この中に第三者の著作権その他の権利が関わらないことを保証するものとします。ただし、例外的に必要があって、コンテンツ類の中に第三者の著作物等(当該第三者の著作物の二次的著作物を含む。)が含まれる場合、利用者の責任と負担において、弊会へコンテンツ類を送信するのに必要な権利処理をされることを前提かつ保証事項とします。

3. 利用者が送信したコンテンツ類につき、当該コンテンツ類の利用が第三者の著作権その他の権利を侵害し、もちぶた館オンラインショップと当該第三者との間で紛争が生じた場合、当該利用者が自らの責任と費用で当該紛争を解決することとします。

4. もちぶた館オンラインショップは、コンテンツ類が以下の項目に該当する場合、当該コンテンツ類を削除または編集することができるものとします。
(1)もちぶた館オンラインショップのサービス面など、商品自体に関係が無い内容
(2) 実際に商品を購入・消費していないにもかかわらず商品価格および商品の品質等について批評する内容
(3) 個人情報が含まれる内容
(4) 不快感を与える、または公序良俗に反する内容
(5) 弊会または第三者の著作権その他の権利を侵害しまたは侵害するおそれのある内容
(6) 弊会または第三者を誹謗中傷しまたは名誉を傷つけるような内容
(7) 他のサイトや企業に誘導する内容が含まれる内容
(8) 他企業についての記述が含まれる内容
(9)複数商品への同じレビュー内容の投稿
(10) 薬機法、景品表示法および食品表示法等に抵触する内容
(11) その他もちぶた館オンラインショップの運営を妨げる、法令に反する、プライバシーを侵害するなど、もちぶた館オンラインショップが社会通念上不適切と判断する内容

5. コンテンツ類の表示期間およびもちぶた館オンラインショップによる保管期間は、弊会の裁量で定めることができるものとし、利用者はこれに異議を述べることができないものとします。

6. もちぶた館オンラインショップは、利用者の了解を得ることなく利用規約を変更することがあり、その変更の効力は変更後の利用規約をホームページ上に表示した時点より生じるものとします。また、変更前の利用者も変更後の利用規約の適用を受けるものとします。

7. もちぶた館オンラインショップは、利用者の承諾を得ることなく、コンテンツ類の全部、一部を停止または終了することができ、これにより発生した損害に対し、もちぶた館オンラインショップは一切その責任を負いません。 また、利用者間で生じた紛争については、もちぶた館オンラインショップは一切責任を負いません。

8. 投稿された情報の削除、編集および消失等により利用者に発生した損害について、もちぶた館オンラインショップは一切責任を負いません。

9. もちぶた館オンラインショップは、コンテンツ類に関して、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もいたしません。

以 上

 

——————————-
ショッピングルール 
——————————-
本ルールは、利用規約(以下「利用規約」という)第5条1項4号が予定するルールを定めるものであり、利用規約の追加的規則としての効力を有するものです。ウェブ上のショッピングを利用するに際しては、利用者において本ルールを十分に理解し、同意の上でなければ、ご利用いただけません。

1. 購入契約関係当事者の確認と利用者の対応について
(1)運営者は、もち豚やその加工品などを中心として、利用者が多くの充実したショッピング情報に接することができるよう、情報の収集や購入の便宜等のために利用できる場を提供するものです。また、運営者は、利用者との購入契約に基づく代金の支払に関して、購入代金の受領を統括的に管理します。
(2)利用者は、あくまでも自己責任の原則にしたがい、自らの負担と判断において、購入契約を締結することになります。利用者からの購入商品に関するお問い合わせや苦情、あるいは契約解除等に関する事項の連絡や通知の受付に関しては、もちぶた館オンラインショップまでご連絡ください。

2. 利用者の基本的義務について
利用者は以下の行為をしてはならず、違反行為が発覚した場合、民事賠償責任の負担のほかに、別途、運営者との間において、利用規約第6条に基づき、会員・非会員とも不利益な処分を受けることがあるほか、詐欺その他刑事法に抵触するときは、運営者から告発を受けることがあります。
(1)いわゆる電子商取引に伴う匿名性や同一人確認の困難さなどの特徴を悪用して、他人の名義を利用し、あるいは成りすまして、商品を購入しあるいは購入しようとする行為。また利用者が「会員」として登録する際に、登録事項について、事実を秘匿したり、虚偽の事実を登録する行為や、登録後、登録事項の変更を速やかに運営者に報告することを怠る行為。その他偽造あるいは不正取得したクレジットカードを利用して商品を購入し、あるいは購入しようとする行為や、自ら正規に商品を購入した後に、購入の事実や購入内容について正当な理由なく否認するなどの行為。
(2)運営者の事業内容であるショッピングに関する情報提供やウェブ上のサイバーモールシステムに関して、業務遂行に支障をきたしたり、信用を毀損するおそれのある一切の行為。

3. 注意事項について
購入契約に関して、利用者は次のような事項について特に注意して下さい。著しく注意を怠った場合、あるいは悪質な行為が見受けられたときは、利用規約第6条に基づき、会員・非会員とも不利益な処分を受けることがあります。
(1)法令、正常な商慣習を遵守して、ショッピングをご利用ください。
(2)ショッピングに際しては、もちぶた館オンラインショップの連絡先等を必ず確認してください。
(3)購入契約の内容については、時期、商品、数量、代金などをプリントアウトするなど適切な方法により自ら情報を管理してください。
(4)お手元のパソコン等使用する通信機器や通信環境については、保守・管理につとめるとともに、通信機器の誤操作にはくれぐれも注意をしてください。購入契約の申込に関して万一誤操作により誤って入力した場合でも、誤まって入力された情報に基づき購入契約自体は正当に成立することになります。
(5)利用者はその経済的信用を超過して多額、多量の購入契約を締結しないよう心がけてるとともに、代金の支払いに関しては、期限を遵守してください。
(6)その他、ショップに対し不当に損害を与えたり、損失を拡大することがないように注意してください。

以 上

令和元年9月